ヘッダー画像

絶対に知っておきたいぬいぐるみ処分方法

オークションでも
間違えると何が起きるかわからない
ぬいぐるみには愛着があって、なかなか人形を捨てられないという方も多いです。 捨てられないまま溜め込んでしまい、引越しなどのタイミングで慌てて片付けるという方もいらっしゃいます。 しかし、心がありそうで捨てると呪われそうだとか、縁起が悪いとか考えてしまう方もなかにはいらっしゃいます。 そうなると余計に片付けることができなくなってしまいます。 また、可愛がっていたものを普通の玩具のように袋に押し込んで捨てるというのは心が痛みます。 悩みの多い処分については、幾つかの選択肢がありますのです。 考え方や状態に合っているやり方で処分を実行するとよいです。 人形を処分する方法には、オークションなどを使って売却することや寄付をすること、供養に出すことや衣類として処方することなどが考えられます。 抱っこちゃんには思い入れがあるため、なかなか不要として捨てられないという方もいらっしゃいます。 まずはリサイクルについて検討してみるとよいです。 ぬいぐるみとひとくちにいっても状態は様々です。 状態が良かったり、恐ろしいほど価値のある物の場合には、上手くオークションを利用して手放すことができます。

古いものほどぬいぐるみ処分方法は難しい

無料でもいらない
愛着のあるものを捨てるタイミング
レトロなぬいぐるみや有名メーカーの玩具など、価値のある人形もありますので、そのような種類の場合には、まずはオークションを検討してみると良いです。 トラブルを避けて手放すためには、衛生状態に気を配ることや、状態を明確に表示することが大切です。 現物を見てもらって判断して欲しいのであれば、バザーを利用すると良いです。 地域のバザーに出したり、フリーマーケットを利用したりすることで、ぬいぐるみを処分することも可能です。 この場合、あまり金額にこだわらず、とにかく譲るということを優先すると良いです。 他人に譲るという形をとりたいときには、衛生状態がとにかく大切です。 洗うなど手入れをして手放すことはもちろんですが、状態が悪い場合には捨てるという選択肢を選ぶ勇気も必要です。 コレクターズアイテムのように飾るためのものであれば別ですが、人形の用途としては、触って遊ぶことが多いですから、清潔なもののほうが良いです。 ペットを飼っているご家庭などの場合、ペットが咥えてしまっていたり、ペットについていたダニがぬいぐるみに恐ろしいほどついてる可能性もありますので、衣類として処分することも検討したほうが良いです。 気持ちよく手放したいと考えているのであれば、寄付をするという選択肢もあります。 まだ使える状態のものであれば、海外への支援物資として再利用する道があります。

ルールやマナーを守って捨てるぬいぐるみ処分方法

困った時に
引越しのタイミングで困ったら
まだ綺麗な状態だけれども増えすぎてしまったから処分したいというときや、引越しなどによって環境が変わり置き場所がなくなってしまったようなときには、寄付してしまうことも考えてみると良いです。 途上国の団体や施設、貧困地域への支援物資として利用できるのであれば、心置きなくぬいぐるみを手放すことができます。 日本ではフィギアも安く手に入るため、寄付などに利用する場合にも、UFOキャッチャーなどで手に入れた新品未使用品などであればよいけれど、すでに使用済みの物の場合には対象とならないこともあります。 そんなときには不要物として処分することも考えなければいけません。 人形を衣類として捨てる場合には、お住まいの市区町村の分別ルールを守って捨てるようにしましょう。 お金をかけても良いと思われているのなら、供養して貰うという選択肢もあります。 神社でのおたき上げを利用するという選択肢もあります。 供養して貰うときには、利用する神社や施設によって、対応は様々になります。 かかる費用も供養の仕方も色々ですから調べてみるとよいです。 持ち込むのであれば、近隣で探す必要がありますが、郵送で受け付けてくれるところもありますので、まずは探してみると良いです。 インターネットなどを利用して探せば、欲しい情報を集めて、比較してから決めていくことができます。 しかし、ぬいぐるみで探しても見つけにくい場合も人形は考えられます。

供養が行われる日にぬいぐるみ処分方法

タイミングが大切
知っていると怖くない
まずは供養で情報を集めて、ぬいぐるみについても対応してくれるところを選んで利用すると良いです。 10月15日が人形の日であるため、この日にあわせて供養が行われるところが多くなっています。 神社などで行われる供養では、自分の代わりに厄や病気、怪我などを受けてくれた玩具を供養してくれます。 感謝を込めてお別れをしたいのであれば、供養を利用すると良いです。 衣服として処分するときには、お住まいの地域の市区町村の分別ルールを守りさえすれば、普通の衣類のように捨てることは可能です。 しかし、そのまま捨ててしまうのは忍びないという方も多くいらっしゃいます。そのようなときには、少しだけ気にかけて捨てるとよいです。 塩をかけたり、綺麗な布などに包んで捨てるなど少しのことでも気持ちが違ってきます。 感謝を込めてお別れをしたいのであれば、お別れのための儀式を行うとよいです。 まずはぬいぐるみや人形を綺麗にしてあげましょう。

霊的感覚が強い人のぬいぐるみ処分方法は大変

縁起も悪い
順番や手順を守るようにしましょう
意外と汚れているものですから、ぬいぐるみ処分の際はほこりを掃除機で吸ったり、手洗いをしたり、太陽の光に当てるなどして綺麗にしてあげると人形によいです。 運気などが気になるのであれば、古いからといって、袋にそのまま詰めて捨てるのも考え物です。 結局は捨てるから汚いままで良い、のではなく、まずは出来る範囲で綺麗にしてあげましょう。 拭くなどして綺麗にしたら、お別れの儀式として挨拶をするとよいです。 自分なりのありがとうを伝えてたら、塩をぱらぱらとふりかけ、和紙や布などに包んで捨てましょう。 運気を気にされるのであれば、ビニールなどで包むのではなく、再生可能な素材のものに包んで捨てるほうが良いです。 そして捨てるときには他の不用品とは分けておきましょう。 可燃ごみと同じ袋にグチャグチャに入れて捨てるよりも、ぬいぐるみを分けて捨てるほうが良いです。 不要物として捨ててしまうからといって、必ずしも縁起が悪いとは言えません。 また、古くなってしまったものを長く手元に人形を置いておくことが幸せとは限りません。 そのタイミングが来たら、ぬいぐるみと気持ちよくお別れができるように、キチンとした対応をとりましょう。

神社


無料


塩


燃えるゴミ


風水